HOME | 業務内容 | 就業規則作成

就業規則作成

労使がお互いに守るべき約束事を整理し、就業規則で守って欲しいことを示すことにより、適切な信頼関係が築かれます。社会保険労務事務所トリプティックでは、法改正と判例に対応したリスク予防はもちろん、将来を見据えて運用を続けやすいように賃金体系を整備しながら賃金規程を作成します。さらに幅広い助成金の改正に対応し、労務の土台整備と助成金申請がダブルで実現します。作成後も条文の部分改定を重ねることで、常にアップデートした就業規則で運用を続けていただけます。

 

就業規則作成の流れ

①現状の確認

  • 賃金台帳・タイムカードの確認により、お客様の現状を把握
  • スタッフの勤続年数・年齢層から方向性を双方で確認

②就業規則作成

  • 就業規則案を作成
  • 助成金申請に必要な条文を重点的に確認

③双方にて内容確認

  • 就業規則案を基に、内容の確認
  • 助成金申請に必要な条文を双方で確認

④最終確認

  • 最終確認と届出準備

⑤労働基準監督署への届出

  • 社会保険労務士事務所トリプティックは、電子申請にて労働基準監督署へ届出
  • 支店数・冊子数に関わらずスムーズに届出完了